コンセプト

コンセプト

投稿日:2018-05-26 更新日:

多くの方が、これといって身体の事を気にせず過ごしていらっしゃると思います。

 

よくある話で、「風邪をひいて分かる健康のありがたさ」

聞いたことありませんか?

 

普段が当たり前に生活出来ているから、いちいち気にせず過ごしている。

でも、そんなある日、急にめまいが襲ってきたり、肩が重くなり腕が挙げ辛く感じ出したり。

 

そのような症状が出だすのが、40歳を過ぎた辺りからといわれています。

 

40肩って聞いたことありませんか?

肩が急に上がらなくなったら40肩って、症状に年齢が付いてるのも不思議な話です。

でも、このことからも分かるように、40年も生きていれば、今までどうも無かった人でも、身体の不調を感じ出す年齢になったという事です。

 

多くの方が、不思議と同じ考えを持っているようです。

 

病気になって考えればいい!

確かに一理あると思いますが、果たしてそうなんでしょうか?

 

風邪などの病気は、病院へ行って薬で治すことが出来るでしょう。

 

でも、40肩やぎっくり腰は病院へ行って治すことが出来るのでしょうか?

病院では、原因がはっきりしていることに関しては治療してくれますが、原因が分からなければ、治療はしてくれません。

残念ながら、薬を処方され様子を見て終わりです。

 

私の事をお話します。

40歳を過ぎたある日、目が覚めると壁がぐるぐると回り出し起き上がることが出来ずに、あまりの具合の悪さに這ってトイレに行き嘔吐しました。

それが、悪夢の始まりです。

会社を一年休職しその後復帰しましたが、結果、復帰後一年目にしてパニック障害を発症し、上司から退職を促され、会社を辞めることになりました。

それから5年間、めまいにパニック障害と戦う日々が続き、その間は何も出来ませんでした。

整体と出会う事で、身体が元気を取り戻し地獄の日々から開放されました。

とはいっても、身体が良くなったときには年齢も50歳手前ともなれば、何処の会社も必要とはしてくれない年齢です。

そこからまた、別の苦悩が始まる訳です。

 

病院へ行っても、精密検査で「前庭不均衡」といった診断をされるだけで、A4サイズのプリントを渡され「これを見てリハビリして下さい」といわれ、めまいの薬を出されて終わりです。

 

もし、その時、

何が原因でそうなったのか?
具体的に何をどうすれば回復するのか?

きちんとした指示をお医者さんから言われていたら、休養期間には復調し苦しむことは無かったと思います。

めまいやパニック障害の原因は、「身体のゆがみ」私の場合「猫背」が原因でした。

整体と出会って、自分で調べ、自分で対処し、自分で治しました。

 

わたしは、あなたに同じ苦しみを味わってほしくありません!

なんといっても、「時間は取り戻せない!」

同じ時間でも、痛みや苦しみに堪えて過ごす時間と、元気に日々やる気に満ちて過ごす時間では、あなたはどちらの時間を望みますか?

 

多少の身体の歪みなら、脳が帳尻を合わせてくれます。

帳尻合わせが利かなくなりだす年齢が40歳を過ぎた辺りからだと言われています。

しかし、残念ながら、スマホ等の普及によって、身体のゆがみは加速して、体調に変化が起こり出す年齢が早まってきているとも言われています。

 

脂が乗って、人生の中でも充実してやる気の満ちた40代を元気に過ごして頂く為に、わたしはあなたの力になりたいと本気で思っています。

 

追記

40代は、身体の事を意識して過ごさなければ、すぐに50台に突入します。
50台から60台にかけては、老化が加速する年齢です。

40代の過ごし方で、老化を遅らせることが出来るとわたしは考えています。
それが「健康貯金」です。

自分の身体の声に耳を傾けて、充実した40代を過ごして頂ければ幸いです。

-コンセプト

Copyright© 福岡市博多区のボディーケアサロン リセット , 2019 AllRights Reserved.